ノーマルタイヤ換装

今年の冬は雪が多かったりしましたが、もう大丈夫だろうと思いスタッドレス→ノーマルに交換しました。

今年の冬は大体9000キロぐらい走ったかな(汗)。さすがに結構減っただろうと思いきや、

Dsc_0045
なんと初期あたり改善のための表面模様が未だ残る形に。減りづらいってことか。でも残り方がヘンですね。真ん中が残っていて両脇が消えている。。タイヤの空気圧が低ければこんな形になることも予想されますが、そこはしっかり管理してきたので問題なし。という事は元々そういう設計だって事か。。
雪道での横グリップ確保の為にこんな形なんじゃないかと推測。この形状のせい?影響の出る範囲ではありませんが何となく直進性が悪いというか、轍に反応しやすい感もありましたね。感覚的にはシビハイで履いていたアースワンと同じフィーリングレベルではあります。
肝心のグリップ性能は大満足。凍結/圧雪/シャーベット/ウェットいづれでも不安ないというかグリップしてる方だった感じです。シビハイでREVO1履いた時より良いフィーリングでした。ただ、ロードノイズは大きいですね。うるさい方だと思います。

Dsc00761
燃費に関しては御覧の通り。初期的には「燃費悪化したな。。」と思うも、実はほとんど変わらない結果です。月毎に全く同じ走行パターンではないので一概には言えませんが、グリル塞ぎもわずかながら貢献してるかな?という感じもあります。

そんな感じで良いタイヤだと思います。また来年だね。

で、久々のノーマルタイヤは。。走り出しと高速走行時の転がり感が良いです。直進性は。。スタッドレスとあまり変わらんか(笑)。当然ながらグリップ感が高くなったので曲がりも楽しいです。

さぁ、これでまた遠征が楽しみになってきましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

グリル塞ぎその後

週末は様々用事があってラジれず。遠征しないまでも、近場ででもやりたかった。。

そんなラジ移動を支えるインサイトエクスクルーシブで、先月からグリル塞ぎしていました。結果はこちら。

Dsc00646s
気温や相応パターンが違うので何とも言えないですが、12月に比較して1月は燃費が持ち直しました。月度最低燃費がかなり低いのはインターナビのメンテナンスでデータが怪しい日のものです。最高燃費こそあまり変わらないものの、OBD2モニターで水温等を監視していると暖機完了までの時間が早くなってるので、この辺が効いてる感じかと思います。

いやー、思ったより効果的な感じです。なんとなく燃費オタクっぽくて抵抗感もありますが(爆)、年平均3万キロ走る身としては切実な問題なのでやれる事はやってしまいますね。

ガソリン価格も上がってきてるし、また何か効果的な手法が見つかったら試してみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

インサイト-グリル塞ぎ

冷え性なインサイトエクスクルーシブ、冬場はエアコンかけっぱなしだとアイストし始めるのが30分後位、通勤時間の半分はふつうのクルマになってしまいます(汗)。当然燃費もふつう。。
だと困るので、プリウス等で実施されているグリル塞ぎをやってみました。

グリル塞ぎの前にデータ取り。塞いでも影響ないか確認してからです。この辺が技術屋的ですね(汗)。データはこちらの機器で採取。

Dsc00598
ELM327 OBD2スキャンツールです。今どきのクルマには故障診断ポートが付いてまして、ここにこれを挿すと。。

Dsc00608
こんな感じで走行中の水温その他をモニタできます。ツールそのものは1680円でアプリは無料。。いい時代になったもんだと思いつつも、半田不良等で初期動作は不動でした。安かろう悪かろうですが、「技術屋的努力(笑)」により作動するに至っています。

で、このモニタでノーマル/グリル塞ぎで水温を確認してみたところ、水温の落ち着く先の温度は80~88℃で同じ、水温が飽和温度に至るまでの時間はノーマル比で概ね1/2になりました。その他も特に異常なし、という事で本格制作。

Dsc00612
一応完成形です。ホームセンターで売っていたソフトなプラスチックボードに書類用のクリップを裏から取り付け、グリルの格子に嵌め込んでいます。クリップは格子を傷つけないよう口の開き具合を調整。大体1.5mm位開きましたかね。

見た目もそんなに目立たないし中々グッドな仕上がりです。昨日も往復140kmで外気温0~12℃で走ってみましたが特に異常なし。

肝心のアイスト開始までの時間は。。若干短くなったかな??程度(概ね2/3)。水温が安定してもアイストせず(汗)。様々な部分の状態を見つつ判定してるらしいので、もっと支配的な親玉がいるって事でしょう。おそらくはCVTか。。燃費に関してはフューエルトリム値が落ち着いていく時間も短くなってるので、若干の向上が見込める見通しです。

うーん、シビハイはそんなにシビアでなかったんですが。。高効率を求めると気難しくなるって事かな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

盲点

シビハイからインサイトエクスクルーシブに乗り換えて初めての冬です。

昨日までの栃木はたいへん寒く、-5℃とかどうなってんの的気温(汗)。てなところで通勤なんですが、なかなかアイドルストップしない状況になっています。オート設定にすると30分くらい普通のクルマ。。排気量UPの弊害が出てるようです。
宇都宮市内だとシビハイでは発進加速で2500回転まで上がるのですが、インサイトだとせいぜい1800回転程度。それでも十分流れをリードできる加速となるのですが、実はそれが盲点の模様。回転が上がらないのでエンジン&ミッションが冷えたままって事です(汗)。

春~秋にかけては燃費に貢献する低回転も、冬は暖機がかなり遅くなるという両刃の刃でした。。グリル塞ぎでもしてみますかね。

今日は忘年会。参加される皆さんよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ホンダ、ホンダ。。

日曜はクルマの点検?とFF03アップグレードキットの入手でした。

クルマに関しては、IMAバッテリーが連化したような怪しい動きをしていたのでその点検の為です。
具体的な症状としては、ちょっとした坂道(200mくらい)でバッテリーが急激にダウンしてしまうというもの。平地じゃ何ともありませんが、栃木の会社に行く通勤路の最後にある坂で毎日強制充電となります。
ディーラーで症状を伝えると。。「情報ありました(汗)」て事で車載コンピュータの書換えとなりました。
書換え後、今日まで走った限りでは事象解消してます。推測するにメモリー効果なんですが、未だこんな感じなんですかね??開発者がラジコンやってれば当たり前に気が付くような内容ですが。。まぁ仕方ないか。日々改善の精神で頑張ってもらいたいもんです。ただでさえトヨタには圧倒的差を付けられているんで。
てな感じで点検してもらったほか、走行距離が2.8万キロに達したもんでオイルフィルターとATFも交換してもらいました。そのせいもあって時間がかかったのですが、その間このクルマに試乗できました。

Dsc_3699_042
ホンダのN-ONEです。ディーラーのセールス氏によればかなり売れてるそうで、OPのツートンカラーを選ぶと現時点で7月納期なんだそうな(汗)。大変だね。ちなみに男性客が多いそうです。
それはさておき走行インプレ。。
試乗車はスマートキー、アイドルストップ付、NAエンジン仕様。エンジンスタートキーを押すとキュルルとエンジンスタート。スターターによる振動はそんなにありません。でもアイドリング中の振動はやや多め。後で判りましたが3気筒なんですね。ディーラーを出るべく軽くアクセルを踏むと意外に軽快な加速。なかなかいい感じです。そこから踏んでも大した加速はしませんが、3世代前の軽と比べると大分いい加速です。アイストも結構静かにストップします。燃費は同じ試乗経路でインサイトエクスクルーシブと比べ2割くらい悪いかな??アイスト制御が始まるまでの期間が長かったせいだと思います。通常のクルーズならもうちょっと燃費が上がる印象を持ちました。そんな感じで動力性能的にはほぼ問題ないですね。
乗り心地は良くも悪くもホンダテイスト。初期作動のあまり良くない動きでちょいと固めな印象。インサイトと同じくらいです。同じをどうとるか。。インサイトが悪すぎという言い方とN-ONEがしっかりという言い方もある。。乗った人がど思うかだけなんで、これ以上はコメントしませんが、インサイト悪いに近いかな(爆)。高速も視野に入れてのセッティングでしょうから、きっと良いのでしょう(笑)

てな感じで初めて乗ったN-ONE、まぁそれなりに売れてる理由が何となく解る試乗でした。

インサイトメンテ&試乗が終わったので、一路マキシムへ。アップグレードキットの入手が目的です。現地に着くと髭さんがコソ連中でした(笑)。1月に向けて準備中らしい。頑張ってください!
先日のクライマックス参加に対する挨拶から四方山話でしばし談笑。FTCの着順にまた話が向きました。その中で今一度考察してみると、ひょっとするとパソコンがスタガスタート方式で計測されたのでは?という意見が浮上。確かにそれだとPPスタートなので不利だよね。未だわからずですが、まぁいいさ。そのうち誰にも文句言わせない結果出してやる!
ちなみに作成したアップグレードキット、こうなっています。

Dsc_3703_043
久々のカーボンシャーシ仕様で組み立て甲斐がありました。でもモーターワイヤが通るところないんですけど。。もうちょっと検討します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アイスガード5装着

いよいよ冬到来って事で、スタッドレスタイヤに履き替えました。

今季登場のアイスガード5です。

交換後すぐは「お!静か!」てな感じでしたが、適当にポチポチが減ってくるにつれスタッドレス特有の音に変化。結構うるさいとか言われてますが、スタッドレスなりの音なので突出して大きな音とは思いませんでした。現時点で400km走行ですが、ポチポチはまだ残っているものの少しずつ音が小さくなってきています。慣れなのかもしれませんが。。
走行性能的には割と良好。トレッド面がサイド側にかけてフラットなので、轍による反力変化は大きいものの直進性が阻害されるほどではありません。高速走行性能も良好。昨年の旧インサイト試乗時のふわふわ感は無く、安定感があります。といっても夏タイヤほどではないですけどね。乗り心地はノーマルに比べ良くなりました。ゴムも柔らかいですから当たり前っちゃ当たり前ですけどね。
燃費に関してはスタッドレスの割には頑張ってる模様。数%の落ちはあるようですが、あってもその程度っぽいです。転がり抵抗ラベルで言えば、「A」って感じです。

てなわけで、そこそこ満足度のあるタイヤみたいです。まだドライ/ウェットのみなので全容は判りません。でもきっと良いと思う。その時が来たらまたインプレします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

クルマ近況

なんだか年間走行距離が過去最高を更新しそうな勢いで走りまくっているインサイトエクスクルーシブです(汗)
4月からの総走行距離は23700km。。このままのペースで行くと、40000kmってとこかな??セーブしたいのは山々ですが、多分無理でしょうね(爆)

走行距離を重ねて各部が馴染んできた分燃費が向上してる様です。体感で5%くらい。10月はクルマの馴染み/エアコン頻度低下でかなりの燃費向上が見込めると思ったとおり。。

Dsc00247

祝JC08越え(笑)単発ならいくらでも出せますが、通勤渋滞を含む月度で出たんだから大したもんです。もちろん流れにあわせて走ってますよ~。この集計は燃費計のモノですが、誤差は概ね0.5km/lより内側なので、実質も越えてるって事です。まぁね、JC08越えといってもベースがやる気の無いレベルですからあたり前っちゃ当たり前ですけどね。並居るエコカーの中で群を抜く悪い燃費ですから、SPEC上は。でも街中オンリーで立駐に出入りするだけの運転モードだと燃費悪いです。11月のがそれ。まぁ自分の場合高速走行の比率が多いのであんまり関係ないですけどね。燃費を捨てたクルマかなと思っていましたが、意外に健闘してました。

これから冬なので、暖機に時間が掛かる事になりますから燃費は落ちるでしょうね。でもホンダ車は元々エンジンがメインなので、落ち込みそのものは軽微だと思います。

走行性能的にはややスパルタンな乗り心地なのは否めませんが、10000kmあたりから少し穏やかになってきたような気がします。

冬といえばスタッドレスも準備必要。BSの新作を期待していたのですが、今年は北海道スペシャルとハイブリッド専用だけとちょっと寂しい感じ。更にはハイブリッド専用といってもサイズないし。てなわけで、ヨコハマのアイスガード5にしました。新作だけあって高額。でもブリザックGZよりは安かったです。まぁ値段より新設計を楽しみたい、というのが本音ですかね(笑)。根が設計屋なもんで。あと1か月もすればスタッドレス仕様で走るんだなぁ。。横風対応、大丈夫だといいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

さあ、行きますか(笑)

インサイトエクスクルーシブに乗り換えてから6ヶ月目に突入します。

走行距離は16704km(汗)。月平均で3300kmを超えてますね。。先が思いやられます。

距離が伸びたせいで?燃費が上向いてきました。

Dsc00116

4月が19.5km/Lで8月が21.8km/Lとなっています。大体10%位アップしてますが、4月の平均気温が12℃くらい、8月は26℃くらいなのでエアコンコンプレッサーの稼働率考えると実質的な伸び代はもっとある事になりますね。やはり各部の馴染みが出てくると燃費向上するのは事実な様です。ドライバの習熟度影響についてはシビハイの頃からIMAとの付き合い方を知ってるのでほぼ無いと思います。

エアコンについてはトヨタの電動タイプの方が実効率高そうですが、電動化されていないインサイト系IMAでもあまり快適性が崩される事は無い様に感じました。確かにアイスト中は風量が落ちるので温度上がりますし、停止時間が長い渋滞だとキビシイ部分が無くもないですが、そこそこ断熱性能がある様で栃木程度なら大丈夫でした。エアコンの立ち上がり速いしね。もっとも都心で平均車速が10km/h以下ならダメでしょうけどね、停止時間が長くなるんで。ちなみに首都高レベルなら外気温35℃程度でも全く問題なかったです。都心の一般道でも困ったことは無かったですけどね。そういう意味ではかなり頑張ってます。前にも言ったと思いますが2代目インサイトの初期型(ややこしい)からは大分進化しています。それでも商品性的には大分劣るので次回は電動化必須でしょうけどね。ちなみに最近多いアイスト車はインサイトと同じ様な動きだしIMAが取り立てて悪いって事でないのも言えることでしょう。

そういえば新型ノートのダウンサイジングエンジン版や三菱ミラージュはインサイトよりJC08燃費が良くなっていますが、実際はどうなんでしょうね。今度試乗してみよう。以前マーチに試乗した時はカタログ燃費こそ良かったものの実際の走行状況では相対的なアンダーパワーが災いしてあまり伸びなかったのですが、ノート:スーパーチャージャー/ミラージュ:1000ccエンジン/超軽量という飛び道具があるので実力的にはよりモード燃費に近づくものと予想しています。それでもカタログSPECが良いのは実燃費との差は出がちなので難しいかな。。e燃費とか見るとアクアで23km/Lなのがそれを物語っていると思います。もっとも、THSの特性とアクアのセッティングを掴んで走行すれば、もっと燃費出る様な気もしますけどね。インサイトエクスクルーシブはJC08で22.2km/Lとまるでハイブリッド感がない数値ですが(爆)、エンジンが1500ccで車重に対し無理してないので実力が殆ど同じという結果です。なんかいい感じです。9~10月はエアコンの稼働率が下がるので平均燃費は更に上がるでしょう。目指せJC08モード越え!

さて、今週末はぷりチャレですが、またまた宿題が(涙)昨今会社の業績が悪くて残業できんのです。それでも仕事は。。

な感じなので。。今日の自分の頑張りに期待(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

K点越え

盆休みもあとわずか(涙)

ラジ関係はタミグラ東京大会以降やれてませんが、日曜はナントカなりそうなのでどこかで練習したいと思います。といっても翌日から仕事は全開走行なので、栃木/埼玉近辺ですね。。その翌週はマキシムに行く予定ですが。

ちなみに全く弄ってないかというとそんな事は無く、親類のCC-01をフルメンテしてたりしました。お盆休みならではの珍事ですね(汗)

インサイト、15000km超えました(汗)。月平均で3000km超えですから、シビハイを上回るペースですね。。まぁリセールの弱いクルマなのでもはや気にすることでもないような気もしますが。。

クルマの近況としては燃費が上がってきました。4月段階に比べると5%くらいは向上してるかな。現時点の月度平均は21.6km/Lとなっています。ここ1ヶ月くらいは猛暑でエアコンの作動率が上がってますから、実質は10%くらい向上かな?良い感じです。

速度域別に燃費傾向をまとめると、

一般道渋滞あり市街地(平均車速18km/hくらい):17km/L程度

一般道渋滞なし市街地(平均車速22km/hくらい):19km/L程度

一般道渋滞なし郊外(平均車速35km/hくらい):25km/L程度

一般道渋滞なしR4バイパス中心(平均車速45km/hくらい):25km/L程度

高速流れよい状態(メーター読み100km/h設定):25km/L程度

高速流れ悪い状態(平均車速75km/hくらい):25km/L程度

高速流れ速い状態(いつものペースくらい):19km/L程度

こんな感じです。高速の燃費落ち度が少ないのは空気抵抗が少ないせいですね。25km/Lくらいで頭打ち傾向になるのはエンジン性能によるもので、インサイト1300やシビハイに対し走行抵抗/システム出力が適正よりやや出力多目な感じだからかと。

正直ここまでは期待してませんでした。エアコンに関しても遮熱性能がそこそこ高いので猛暑の中走っても快適ですし。エコモードONであれば、外気温35℃位でも1分半くらいはアイストしてますよ。現行型が出た2009年仕様とはセッティング違う様ですね。もっとも、トヨタ系のHEVならもっと快適なんでしょうけどね(爆)

渋滞中の低速領域で以外にモーター走行モードに入る点も予想外ですが面白いです。(エクスクルーシブでのモーター走行確認方法:マルチディスプレイでエネルギーフロー表示モードで確認)

25km/Lで頭打ち傾向と書きましたが、燃費トライというか条件揃うともっと伸ばす事も可能ですよ。

Dsc00085

これはぷりチャレの後に高速代ケチッて矢板→社宅へ向かう途中に記録したものです。よって流れを無視した走れでは無い状態なわけですから、これはこれですごいなぁ、と思います。10・15モード含めたカタログデータは自分のグレードだと25.5km/Lなので、いわゆるK点越えですね。

一方で定点観測的に仙台の自宅→角田の会社までの通勤?燃費も測ってみましたよ。

Dsc00087

アサイチなのでクルマも少なく条件はいいほうですが、シビハイだと26km/L出ればよいほうだった(確か)のでそれよりは越えてるって事です。ちなみに車速はシビハイの時と同じ設定で走りました。って事は角田勤務だったら通勤でもK点越えって事か(笑)うーん惜しい。

燃費計については、満タン法と殆ど同じ値を出すようです。±0.5km/Lくらいかな。会社の同僚の乗ってるフィットハイブリッドだと表示に対し-1km/Lは確実に下回ると言っていたので、計算条件でも変えたんですかね?まぁあれだ、現行のIMAは派生車種が多いし基本共通なので随時改良が加えられていると言うことなのでしょう。

乗り心地は少々レーシーな感じですが(汗)、エクステリアも気に入ってるしインテリアもガンダムっぽくて良いです。とりあえず長く付き合っていけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いいところ

インサイトエクスクルーシブが手元に来て2ヶ月と2週半くらいが過ぎました。走行距離は既に8000km突破です(汗)

シビハイを凌ぐペースで距離が伸びてますね。これからタミグラシーズンも来るので更に伸びそうです。

距離が伸びて変わってきたのが燃費と乗り心地。燃費は渋滞を含む通勤&エアコンフル使用で20km/Lを割らない状態に上向いています。あまりエアコンを使わなかった4月が19km/Lだったので各部の馴染みが出てきているんだろうと推測。動力性能がシビハイより高いことを期待して購入したので、もっと悪いのかと思っていました。この点は良かったです。

その動力性能も実際良い感じです。過日いろは坂を往復しましたが、上りでの気持ちよさはシビハイに対し倍増!気になっていたバッテリーの減りも特別大きくは無く、結構なペースで走りましたが強制充電モードに入ることはありませんでした。加速もシビハイよりよく、ランプからの合流も余裕あるし、回した時の音も結構良い感じです。ハンドリングも理解して走れば痛快な感じです。うん、良い感じ。

乗り心地は全般に硬めではありますが、突き上げの角が取れてこれもいい感じです。車高もちょっと下がったかな?

それと期せずして装備されたハドロテクトミラーが秀逸。しっかり日光浴させてやれば、昨日のような豪雨でも後方視界が確保されます。雨止んだ際の水切れも大変早く素晴らしい。昔リキッドタイプのハイドロテクトを試した時はパッとしない感じでしたが、予め処理されたものは効能がはっきり出てる感じですね。思いがけない良い点となりました。

そんな感じで最初はどうなることかと思っていましたが、気になっていた乗り心地が改善してきたので満足度もアップしてきました。しばらくは良い付き合いができそうです。いじり系はほぼ終了。プラズマクラスターを搭載するか否かだけ悩みですね。

悩みはタミグラ出場クラスもですが。。明日まで悩もう(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧