« タミグラ岩手大会2012参加その1 | トップページ | タミグラ岩手2012参加 他の方編 »

タミグラ岩手大会2012参加その2

日曜は朝から日差しが照りつけています。 軽く二日酔いかな(爆)。
二日目はGPX-RMとGPX-CL2とFFJTCに2WDの4カテゴリ参加です(汗)

まずは2WDバギー。

バギーはおよそ1年ぶり。タミグラ宮城大会以来です。ウイングに着いたハウスダストが寂しい感じ(汗)今年は40cm位ある大ジャンプ台が一部用意され、ここをうまく飛べるかがカギとなります。練習で走ってみると、以外や、結構飛べるではありませんか。これなら大丈夫かな??と思いつつそのまま予選に挑みます。

予選1回目。

反応もポジショニングも良く、Kだんな選手に続いて周回を重ねます。Kだんな選手の心の動きが垣間見えてきたので(笑)、どこで抜こうか考えていたら、自車のフロントタイヤがプラプラになってきたのを見ました(汗)。程なく「コロコロ~」とタイヤが外れます(涙)タイヤ取り付けビスが脱落したようです。1年ほったらかしでしたから、宮城大会時点で緩んでいたのでしょう。。あーあ。悔やんでも仕方ないので、2回目にかけます。セット変更は。。やりませんでした。タイヤくらい替えたかったけど、まぁいいやね。

予選2回目。

後列スタートなので絡まないように慎重に走ります。でもなんとなくペース上がらず。「ここでコケたら一巻の終わり」という心理がチキン走りを呼び覚ましています(汗)。それでもナントカ総合10位で決勝進出です。決勝は失うものは無いので思いっきり行くだけ。セットは。。ノウハウ無いのでそのまま行くだけ(爆)引き出しの少なさが悲しいですが、楽しめればそれでOK!です。

決勝。

反応は悪くなく、そこそこ綺麗にスタートできましたが、途中接触で転倒!マーシャルさんに起こしてもらい気を取り直してスタートします。しかし。。??パワーが出ないです。充電ミスったかなくらいな感じ。でもそのまま走り続けることは出来るので、バッテリではなくモーターかな。。センサーコードかな。。と思いながら走行です。でもどこでも抜かれるくらい遅いし、大ジャンプ台は全開で入ってもカーペットまで届かないんだよね(涙)なんともパッとしないまま最下位で終了。クルマを見ると、動力線Bが抜けて変色しています(汗)。転倒のハズミで抜けたんだね。。残念な感じでした。オフロードってモーター直付けダメなのかもね。。YOUZOHさんのクルマ、中継コネクタ形式だったし。。次回は改善したいと思います。

次はFFTC。

FFTCはセットの出ているクルマを手放し、ある意味新車状態で出走です。といっても昨年のデータ+α(αはギヤデフ)なのできっとそのまま走るはず。という事で、練習してみるとまさにそんな感じです。安心しきって予選に挑みます。

予選1回目。

まずまずの反応でスタート。クルマはいい感じで走っていますが、なんとなくメリハリが無い。まぁそれはいいんだけど、途中から巻くようになって来ました。レース中はセット変更できないのでステアの切り始めの速度を変えてみるといい感じです。自分らしくない(爆)綺麗なラインで周回を重ねゴール。可も無く不可も無く。。という感じです。予選2回目に向けてはボディ替えようかとか色々考えましたが、ドライブでナントカなるならそれでもイイやという事で何もせず。本音は何の傾向も判らないのに換えるのが怖かっただけ(爆)。どうしてもダメなら決勝だけ変えましょうという事で予選2回目。

予選2回目。

スタートはいい反応で飛び出せました。クルマは1回目と同じ挙動だったので同じドライブで周回を重ねます。考えてみると昔から巻き気味のクルマのほうがいいんだよね、私(爆)。てな感じで淡々と走行。クラッシュもせず9周に乗せてゴール。トップクラスかな??と思いきや、他に3人も居たんだね(汗)まぁそれはそうだな。予選総合は4位でした。決勝は??まぁいいか(爆)と何もせず挑みます。

決勝。

スタートは普通な感じ。上位3台には付いて行けるか判りませんが、とにかく気合入れて行きます。と、香モ選手のボディがめくれてるのを発見!そのままパスさせていただき更に周回を重ねます。後続も気になりながら走りますが自車もそんなに悪くない感じなので落ち着いて周回、上位2台には離されましたがかろうじて同一周回でフィニッシュ!3位となりました。まぁ何もしないでここまで走れれば出来すぎです。何もしない臆病さが気にはなりましたが。。仕方ないです。練習してないんだもの(爆)宮城大会に向けては色々やろうという事で。

次はGPX-RM。
走った事あるのはマキシムと谷田部のみ(汗)インドアオンリーなのでどんな感じかと思いつつ練習走行。それなりには走る様です。今日は予選2回あるので一発目はそのまま行きます。
予選一回目。
前列なので先行逃げ切り作戦!スタートもそこそこ決まり淡々と周回を重ねます。途中何度かラインミスしてるうちに後ろから香モ選手が追い上げてきます。緊張して(笑)、大きくラインを乱してまい接触!転倒させてしまいました。
マーシャルさんの助けを待って走行再開。9周には乗らなかったものの、停止時間を考えなければ十分行ける事を香モ選手と確認し予選二回目に突入です。セットは一回目の感触が悪く無かったのでそのまま行く事にします。
予選二回目。
後列スタートなので気合い入れて行きますが、スタート直後にクラッシュ!気を取り直して走り始めますが、結構荒れた展開でペースはイマイチ。香モ選手も結構巻き込まれていて双方タイムアップ成らずでした。一方ではかっさん選手が大変素晴らしい走りでなんとTQ獲得です。セットを聞くとまるで反対のセットですが、ボディも違うので聞くにとどまりました。ここで真似するとダメだもんね。大体の場合。。
決勝はピッチングダンパーのスプリングを変える予定でしたが、今回はそれぞれのクラスでAメインのみの決勝となり、程なくしてアナウンスが。結局何もせず決勝に挑みます。
決勝。
悪くはないけど良くもない感じ。上位3人がハイペースでバトルする中、浜の大魔王選手と丁々発止のバトル!こちらのペースも上がらない中、ラインの探り合いというかなんというか。浜の大魔王選手の実力からすれば大分クルマに難儀してる模様なので、今回のバトルは私にとっては幸運でした。ナントカオヤジパワーで押さえ込み4位でフィニッシュ。

課題は大きいですね。トップ3台はハイレベルなラップの中でバトルしてるわけだし、こちらは引き出しも無くなす術なし。非常に重篤です。次回宮城大会までにレベルアップしとかなきゃ。。がんばってみます。

最後はGPX-CL2。

基本は昨年と同じセットなのでうまく走るはず。練習はそんな感じなので、予選も何もせず挑みます。

予選1回目。

スタート反応は普通。でも内容が悪かった。レースとしては極めて荒れた展開で、巻き込まれまくりです(涙)。もうどうにもなんないもんね。ポジショニング考えて走っても何してもダメ。大変残念な感じで1回目終了。見るべきものは何も無し。2回目に向けてはとにかく当たりに強い方向という事でフロントデフ仕様にし、タイヤ・インナーは手持ちの中で柔らかめで組んだものに変更、りやダンパーはたて気味にして挑みます。

予選2回目。

スタート反応は良かったと思いますが、又もドッカンドッカンな展開(涙)久々に操縦台上で崩れ落ちました。気を取り直して走行しよう思うものの、動揺は隠せずラインミス。おそらくこの時のフェンスへの接触が致命傷になり、キングピンを止めてるビスが外れてリタイヤ。そんなに強い当たりではなかったので、ダメージが重なっての事と思います。結果は予選最下位で終了。あまりにも不甲斐ない結果でした。残念というかなんというか判らないくらいです。。タミグラなのに落ち込みました。何が悪いんだか全く判りませんが、やれる事といえば自分が速く走れる様にするしかないので、宮城大会までにはこの悔しさを晴らす走りが出来るところまで詰めて行きたいと思います。

というわけで、2日目は本当に悲喜交々な展開。CL2ショックは隠せず会場を後にする結果となってしまいましたが、2日間レースやれた訳だし楽しかったの総量と悲しかったの総量では圧倒的に楽しかったの方が多かったのでヨシとしましょう。まだ心は複雑骨折から立ち直っていませんが、宮城大会に向けてはしっかり準備して行きたいと思います。

Dsc01233

他の方編に続く。

|
|

« タミグラ岩手大会2012参加その1 | トップページ | タミグラ岩手2012参加 他の方編 »

「ラジコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16113/46257719

この記事へのトラックバック一覧です: タミグラ岩手大会2012参加その2:

« タミグラ岩手大会2012参加その1 | トップページ | タミグラ岩手2012参加 他の方編 »