« フクシマ700 | トップページ | 大人のマナーを »

蒼氓

昨日で震災後1ヶ月が経ちました。

14:46、黙祷。未だ過酷な生活が続いている地域の方を想うと、涙をこらえるのに精一杯でした。

津波被災地域はライフラインも仮設住宅も未だ整備されずで健康被害が心配です。被災しても家も何も無くてもその地域には住みたい。痛いほど解ります。自治体が疲弊してる所も多いわけですし、こうした願いをかなえるのはもはや国でしょう。こうした願いを叶える為なら野党も真剣に考えると思います。野党的打算はあるでしょうけど。。

原発もいよいよレベル7となりました。親類の住んでいた浪江は長期的な避難が指定されています。年間被爆量が300mシーベルト以上と予測されていますから、町全体に立ち入り生活事は今後数十年無理となるのかな。。単純に考えると、人だけでなく財産/資源性のあるものは全て引き上げとする必要もあるのではと恐れています。政府は過小提示過ぎるというか、その地域で暮らしていた人の気持ち・財産など一つも考えられないんでしょうね。

余震は続き、昨日も震度6弱。連動型のメカニズムは解らないとされるものの、直感的には先の地震で地震発生源付近では空隙が沢山出来ていて、ある一定量かみ合って安定しないとまだまだ大きな余震は続くものと思います。

そんな中でも生きて行く必要があります。応援として山下達郎の曲から「希望いう名の光」が良くかかりますが、個人的には「蒼氓」が良いと思います。

ひっそりと、淡々と。復興を願い、出来る事を進めます。

|
|

« フクシマ700 | トップページ | 大人のマナーを »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16113/39579151

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼氓:

« フクシマ700 | トップページ | 大人のマナーを »