« アルミバルクヘッド2! | トップページ | 悩む »

聞く側の姿勢

昨今の救急患者受け入れ拒否で使われる弁明。

「緊急性が伝わらない」

話す側も難しいけど、聞く側の姿勢も問題かと。人の命にかかわる事なのに、どういう了見で仕事してるんだろうね。聞く側の姿勢は難しい。説明しても「よく判らない!」ここからスタートする会話は私の会社でも日常茶飯事です。

「それはこういうことか?」聞こうと思って聞けばちゃんと理解できる事も多々あります。

「感受性もあるからね」某受け入れ拒否した病院長の弁明会見でがっかりしたのでつい書いてしまいました。

改善できるといいですね。。

|
|

« アルミバルクヘッド2! | トップページ | 悩む »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

厚生労働省の聞き取りに対して、杏林大学側が
脳内出血の事実を伝えられてたことを認めたみたいです。

つまり聞く側の姿勢うんぬんよりも、隠蔽体質というか
もっと人間性を問われるような問題な気がします。

今回に関しては、話す側の落ち度は限りなく少ないような気がします。

投稿: | 2008年11月 7日 (金) 15時27分

残念ですね。
もっと真摯な態度で仕事して欲しいものです。

投稿: たれ | 2008年11月 7日 (金) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16113/25069042

この記事へのトラックバック一覧です: 聞く側の姿勢:

« アルミバルクヘッド2! | トップページ | 悩む »