トップページ | 2006年1月 »

大晦日

今年も残すところ十数時間となりました。

昨日ぐらんぷりで走り納め。とり氏、じいちゃん、カッちゃんが来ておりました。

路面は適当ながら楽しい感じ。クルマはTA05でした。

3パックほど屋外でやった後ミニッツAWD。こちらもセット変更でまずまずでした。

フロントデフを硬めにするとよいらしいです(じいちゃん情報)

ミニッツの場合はグリップ/ドリフトに関し路面棲み分けが無いのでいいですね。

そういえばじいちゃんのAWDグリップモード走行はいい感じでしたよ。

反面、ドリフトは「フェラーリで雪道走行してます」みたいな感じでしたが。。

なんか久々にMR02など出したくなる気持ちになりました。

さて、今年のMy RC Car of the YearはTA05になりました。

選考理由はかっこいいから。結構よく走るし。

来年は強化シャーシなども登場するので、ますますよくなるかもしれません。

まぁシャーシ強化は諸刃の刃ですけどね、あの4分過ぎからの熱ダレが抑えられればいいかなと。

とりあえずお疲れさんという事でこれからメンテしようかなぁというところです。

走り初めは5日にやろうかなと思います。でもな~雪がどっちゃり降ったからな~。

ミニッツで年明けな予感です。

Img_3664_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

年末

休みに入りました。

昨日は会社仲間うちの忘年会でサッポロビール園。その後近所のバーに行って2次会。

久しぶりに2日酔い気味になってました。

さてクルマは来年納車なんですが、ヤフオクでスピーカーをゲットしてしまいました。

オーディアのATB-2700Dというやつです。中古なので半額以下でした。

エンクロージャー一体なのでドアのエンクロージャー化は必要ないようです。

結果的にローコスト??なのかなぁ。。スピーカー交換する時点でローコストではないのだけどね。

若干スラントマウントできるようなので、タイムアライメントを取らなくてもほどほどいいのかなぁ。

スラントマウントとタイムアライメントは特に結びつかないけどね、ドアに張付いた音にはしないって事で。

とりあえず取り付けが楽しみだ。エーモンのサイトを見るとドアパネル穴拡大が必要なようなので、いきなり傷物にしてしまうのはちょっと気が引けるけどね。

1134_l 明日はぐらんぷりで走り納めの予定。

先日帰国してたじいちゃんはくるのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

考察

今日は結局午前中お店めぐりで午後ぐらんぷりで走行でした。

午前中のお店めぐりは今度のクルマのスピーカー検討。前回はアルパインのスピーカーでしたが、今回はヘッドが純正なのであんまりお金かけずに楽しもうと思って探しました。

結果的には同じアルパインのDLC-107Rかなぁ、といったところ。スピーカーそのものは17センチまで着くようですがリヤにバスシステムを載せるので、フロントは中音狙いで行きたい、といった感じからです。

オリジナルのバッフルボードと軽いデッドニング+吸音で純正でも定位をあげたい目論み。まぁ結構適当ですけどね。。バッフルはスラントタイプで冬休みに作成予定です。吸音材はカーボンハットの予定。

といったところで後はラジに行きました。TA05でちょっとお試し。まぁまぁですかね。昨今ハイエンド路線でモデルチェンジが激しいことから、来年はTA05で行きたいからです。

カワダは未だにシャーシ来ず。。どうなってるんだろうね。まぁTA05もあるしいいけど。。

締めはミニッツでドリフト。これまたコースが小さくて難しい。でも楽しめる要素が高いのは判りました。

後ちょっとすると冬休み。待ち遠しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日記移設

今まで使っていた日記帳が使えなくなるようなので、移設します。

なんかねー、時間がかかるようになってるんだね、わたしは。

まぁ機能も豊富なようなので、しばらくこちらで進めたいと思います。

背景が素敵ですね。これはこのブログで設定可能な奴です。

最近宇宙に行ってみたいと思っていたのでやってみました。

さて、最近のマイブームはミニッツAWD。ドリフトタイヤを履くととてつもなく楽しいです。

楽しいだけでなく、ステア/スロットルいづれかを優先させてドリフトできる(当然両方でも)ので、とっても練習になります。

ステア優先で今まで走ってきたので、スロットルのいい勉強になりそうです。

ただ結構発熱するので、モーターマウントは強化必須かもね。

今日買いに行きます。

さて今日はぐらんぷりでTA05のセットですかね。

りとる/ラボでレースなので、人は少ないでしょう。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2006年1月 »